★喜界島の関連ページです。見てください。★     ■喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」■       http://hathitudamashiee.seesaa.net/  ★喜界島の関連ページです。見てください。★     ■ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ■        http://umooriyokikaijima.seesaa.net/

2008年12月15日

奄美にドクターヘリ配備を!

 県議会12月定例会で、

 ドクターヘリについて、

 伊藤祐一郎知事は、

「多くの離島や広大な県土を有する本県にとって有効なシステムであり さまざまな課題を的確に解決し、早期導入に努めたい」

 と前向きな姿勢を示しています。

 奄美や喜界島で緊急患者があったときには、沖縄から自衛隊のヘリが要請を受けてきてくれますが、

 2007年3月30日。午後11時40分ごろ、徳之島から要請を受けた陸上自衛隊のヘリは、悪天候の中、天城岳山中に墜落してしまいます。

 救助に向かったヘリが、悪天候の中で、二次災害になったわけです。

 沖縄県浦添市では、

 2005年7月から民間病院としては全国で初めて自主財源でドクターヘリを導入した沖縄の浦添総合病院。

 急患搬送を実施し威力を発揮しています。

 費用は1時間あたり50〜70万円かかるそうですが利用者の負担はありません。ありがたいことですね。

 浦添市総合病院に感謝します。

 奄美でもそのようなシステムができるといいですね。

posted by jo6gsd at 21:55| Comment(17) | 喜界島の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜界島川嶺の「茶屋」でお昼

niratama08.12.13.JPG

 13日の土曜日は、3時間近く歩いたあと、川嶺の「茶屋」でお昼をとりました。

 ニラタマの美味しかったこと。ビールを飲みながら食べて旨い。
posted by jo6gsd at 12:11| Comment(0) | 喜界島の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜界の白ごま・・・課題は面積の安定確保

 喜界の白ごまが見直されてから数年が経ちますが、今年は生産量80トンで過去最高になったそうです。

 昨年より10トン増の80トンです。その要因として、台風の影響もなく、天候が順調だったこと、10アール当たりの単収が大幅に増加したことがあげらています。

 生産額も昨年の1億2千万円を大きく上回り、1億4千400万円ほどになるようです。

 喜界町は、国内最大の白ごま生産地で有名です。

 4月末から5月初旬が種まき。8月〜9月にかけて収穫時期です。

 この白ごまは、さとうきびの夏植えの前に収穫できることから、間作に適した作物として喜界町では、2005年度から生産量が急増しています。

 この白ごま、すりごまにして鍋物を食べるときに入れても香ばしくて美味しいですよ。

 喜界町では、「ゆいグループ」がこの白ごまを使ったドレッシングを作って販売しています。とっても美味しいですよ。


 
posted by jo6gsd at 10:09| Comment(0) | 喜界島の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜界町さとうきび振興大会

 2008年度喜界町さとうきび生産振興大会が4日、喜界町の自然休養村管理センターでありました。

 2008年産のさとうきび生産見込みなどの情勢報告がありました。本年度の生産見込み量は(11月1日現在)、前期比22.5%増の9万3600トンあまりで2年連続の9万トンを予想しています。

 生和糖業は、群島内の大型製糖工場のトップを切って8日に原料を搬入開始しました。

 4期連続の年内操業開始です。
posted by jo6gsd at 06:41| Comment(0) | 喜界島の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「共有地自治組合」(仮称)より

 本誌58号で書いていただいたように集落共有地使用者による「自治組織」を立ち上げることになりました。

 賛同いただいた皆さんは、次の通りです。

 集落のよりよい財産運営のために、共有地使用者のご加入をよろしくお願いいたします。

 今月の加入者は次の3名です。

 東 福岡 功彦  金1000円入金

 中 原田 澄一  金1000円入金

 西 生田 吉一  金1000円入金
    (加入希望者は、この面々へご連絡ください)

 右の金額を平成15年度の土地使用代として集落共有地会計へ納付したいと思います。

 なお、本会は税金さえも集落に負担してもらっている現状を改めるため、使用者自ら有志を募って、地代を払い集落の負担を少なくすることが目的です。

 よって、地代の適正な金額は集落の共有地管理組合で決めていただくとして、それまでの「暫定自治組合」として使用者の皆さんに呼びかけていきたいと思います。

 集落共有地の現状に至るまでの経緯は他集落とは異なり、複雑と思いますが、集落の財政はこれからもますます苦しくなることが予想されます。

 使用者皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。加入者で話し合った結果、当面、面積の大小を問わず、一律1000円とし、平成15年度から支払うことにしました。

     平成15年 5月 「上嘉鉄魂」60号より掲載
posted by jo6gsd at 05:58| Comment(0) | 共有地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。