★喜界島の関連ページです。見てください。★     ■喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」■       http://hathitudamashiee.seesaa.net/  ★喜界島の関連ページです。見てください。★     ■ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ■        http://umooriyokikaijima.seesaa.net/

2008年12月10日

国史研究からも重要

 12月5日の南海日日新聞によると
喜界町で発掘調査が進められている城久遺跡群は、大規模な建物跡や中国産の青磁出土などから、考古学的に重要な地域として脚光を浴びている。

 文化庁文化財部の坂井秀弥主任調査官が4日、視察のため発掘現場を視察。

 本土と南島との交易で果たした役割を解説。作業員や関係者に考古学研究の上で非常に貴重な遺跡であることをあらためて強調した。



 私はアマチュア無線をするのですが、2メーターで喜界島沖を航行する大型タンカーの乗組員と交信したことがあります。

 その乗組員の話によると、南方から帰ってくるとき、喜界島が見えるとやっと日本に帰って来た感じがするというのです。

 その話からも船員の間では、喜界島が昔から道の島の拠点であるようなことがわかるのです。

 HF21メガ帯で交信をしたときも、相手はシンガポールに近い海域を航行していたのですが、その船員の方も喜界島をみると日本に帰ってきたような感じがすると言っていました。

 喜界島の南には、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄もあるのですが・・・・

 喜界島はやはり何かしら昔から交易の拠点だったのでしょうか。
 
posted by jo6gsd at 08:37| Comment(0) | 喜界島の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。