★喜界島の関連ページです。見てください。★     ■喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」■       http://hathitudamashiee.seesaa.net/  ★喜界島の関連ページです。見てください。★     ■ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ■        http://umooriyokikaijima.seesaa.net/

2008年12月10日

集落共有地の問題について

【集落共有地の問題について】
 先日、某先輩と飲んでいたときのこと。話が集落共有地の話題になった。「いろいろ問題になっているらしいが、畑の共有地がもし買えたら買いたいし、墓地も建てたいが勝手に杭を打ってもいいものなのか?」等々。

 私は、上西の共有地管理委員のひとりであり、畑地、宅地、墓地の私有化の問題を日頃から考えていた。集落共有地管理の基本は、
「集落全体の利益を優先し、公平かつ有効に管理すべき」
と考える。

 しかし、過去の慣習もあり、どの段階でどのように改めるべきか、区長さんはじめ役員の方々を中心に過去何度も議論してこられたが決まったことがなかなか継続徹底できなかった。

 管理する側の役員も毎年替わる上に、責任もない。「個人から借りた畑の借地料金は地主の家まで出向いて支払うが、集落共有地となると地主の顔が見えないので請求されるまで待つ」が一般的な現況。

 問題はどこにあるのだろうか?

 個人的に話してみると皆さん考えていることは同じだ。血縁関係でつながっている狭いシマ社会で、あまりうるさく言うと嫌われるが「いつかは手をつけなければならない問題」

 「支払う意志はある」「ただ、ある者は支払い、ある者は払わない、その上何の咎めも無いではおかしい」(使用者)

 その先輩は次のように提言する。

「畑地の借地料は1畝600円で今年度から徴収しているが、これを継続して徴収し畑総事業の負担金の残金85万円余りを1年でも早く完納するように努力しながら同時に、宅地使用者にも借地料を支払っていただくようにする。

 金額は問題ではない。集落の共有地を使用しているというケジメのためである。

 最低限このケジメがなければ子や孫の時代になったら、集落共有地と私有地の境界もますます曖昧になってしまう。

 同じ集落に住むものにとして日頃の付き合いの中でもわだかまりが起きる。最初は面積に関係なく、一筆年2千円くらいでもいいではないか。
 使用者が受け入れやすい金額で全員支払っていただくことが肝心。最初から金をかけて測量をする必要もあるまい。

 法外の使用料を取ろうという気持ちは過去も現在もない。あくまでもケジメの問題であり、後々物価や他集落の状況を見て調整すればいい。とにかくこの問題を放置しておくのはいけない。」

 また別のある先輩は、
「とりあえず、過去は問わず、現在集落が毎年支払っている共有地分の固定資産税(年間約15万円)だけでも利用者に均等に負担してもらっては?」と提言する。

 「争いを好まない、のどかな上嘉鉄集落」の良さを生かし、皆で十分論議し、実現可能なルールを作り、日常の密な人間関係もさわやかにいきたいものだ。
 
 大人の言動を見て子や孫は育っていることを思えばウヤフジンチャー(先祖)は立派だった。

 上嘉鉄に生まれ育って良かった」と喜んでもらい発展していく集落であってほしい。我々のウヤフジもそれを望んでいると思う。
                      生島 常範

        「上嘉鉄魂 平成11年 3月 10号」より掲載
posted by jo6gsd at 23:40| Comment(0) | 共有地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。