★喜界島の関連ページです。見てください。★     ■喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」■       http://hathitudamashiee.seesaa.net/  ★喜界島の関連ページです。見てください。★     ■ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ■        http://umooriyokikaijima.seesaa.net/

2008年11月26日

「ふだん着の幸福論」を読む

 草柳大蔵氏の「ふだん着の幸福論」を読んでみた。【父親とはどういう存在か】の項目に

 父親と息子の関係は,ただ会話が多くなければならないとかそういうものではない。会話がなくても家庭の中の団らんの時間が少なくても気持ちのよい親子関係を楽しんでいる例が出されている。

 その例として三宅島が噴火し,村長の廣瀬直行氏が島に最後まで残ったことや,第二次世界大戦で「飛龍」の艦長だった山口提督が旗艦に自分の体をしばりつけて51歳の若さで亡くなったことが紹介されている。

 父と子の関係はどうあればいいのかが書かれていておもしろい。


ラベル:親子 幸福論
posted by jo6gsd at 08:22| Comment(0) | いかに生きるか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。